▲TOP

Aranjuez_logo

2018年3月17日(土)
Jazz Factory in KAMATA開催しました。

第一回Jazz Factory in KAMATA コンサートは無事華やかに盛り上がって終了しました。若い大学バンドの躍動感と円熟の増尾好秋MAGATAMA バンドのゴージャス感が相まって素晴らしいステージでした。アンコールでは増尾バンドと大学選抜メンバーとのセッションが更に豪華なフィナーレを飾りました。

慶應大学
K.M.P.New Sound Orchestra

青山学院大学
Royal Sounds Jazz Orchestra

立教大学
New Swingin’ Herd

早稲田大学
Modern Jazz Club

東京大学
Jazz Junk Workshop

東京工業大学
Los Guaracheros

増尾 好秋 from N.Y.
“MAGATAMA”Night

増尾バンド&大学選抜メンバー
セッション

アランフェスレコード
Jazz Factory in KAMATAについて

アランフェスレコードが主催するジャズライブは、「Jazz Factory in KAMATA」と名付けました。これは蒲田のイメージである町工場とジャズを結びつけたものです。職人の物造りと音楽創りには何か共通するものがあるのかもしれません。だから、ジャズを通じて少しでも蒲田の音楽活動が活気づいたらと願ってのことです。

その昔1970年代前半には、蒲田駅の東西にキャバレーが大小合わせて14軒もあったといいます。グランドキャバレーではビックバンドが連日ジャズを演奏していた訳で、夜の蒲田はビックバンドジャズのサウンドが良く似合う街だったのです。
アランフェスレコードは、ビックバンドジャズをこよなく愛するレーベルとして、蒲田に再びビックバンドジャズが流れる街になる手助けをしたいと思っています。

蒲田にある大田区民センターは、昭和45年12月に開館した音楽専用ホールです。当時の蒲田に集まった多くの町工場での働き手、いわゆる金の卵である青少年が健全に育つようにと、音楽文化や実演芸術の拠点として建設されたものです。
そのセンターが老朽化の問題から、平成30年3月末を以って閉館することになりました。

記念すべき、Jazz Factory in KAMATAの第一回公演は、この大田区民センターの長い音楽の歴史活動に感謝しての、「大田区民センター音楽ホールありがとうコンサート」になりました。

演目はそのコンサートに相応しい、若いこれからの日本のジャズの原動力となるべき、東京の大学のビックバンドジャズの力強くも華やかな演奏と、世界的なプロギタリストの増尾好秋バンド“MAGATAMA”の素晴らしいジャズ演奏をお届けします。

アランフェスレコードとしては、蒲田発ジャズコンサートのプロモーション デビューであり、これを皮切りに蒲田からのジャズを大いに発信していきたいと考えています。将来的にはこれらジャズライブをアナログ録音することで、レコード製作をして蒲田発のレコードレーベルとして活動していく所存です。

今回は、大田区民センターの高品質の音響を後世に残したいとの想いから、この演奏を記録とするデジタル録音になります。

Jazz Factory in KAMATA
「大田区民センター音楽ホールありがとうコンサート」
~ La-Fiesta Jazz Night”~

2018年3月17日(土)
開場16:00 開演16:30

大田区民センター 音楽ホール
客席721席

S席 276席
前売券4,500円
当日券5,000円 学生割引4,000円

A席 355席
前売券2,500円
当日券3,000円 学生割引2,000円

無償招待席 90席

演奏時間 
1部 6バンド 180分
(各バンド演奏時間30分、含む入替時間)

2部 40分+アンコール

Free HTML5 Bootstrap Template

PART-1 1部
大学Big Band Night
(五十音順)

  • 青山学院大学Royal Sounds Jazz Orchestra
  • 慶應大学K.M.P.New Sound Orchestra
  • 東京工業大学Los Guaracheros
  • 東京大学Jazz Junk Workshop
  • 立教大学New Swingin’ Herd
  • 早稲田大学 Modern Jazz Club

PART-2 2部
増尾 好秋 from N.Y.
“MAGATAMA”Night

  • 増尾 好秋(el-g)
  • 塩田 哲嗣(b)
  • 永武 幹子(pf)
  • 北井 誉人(ds)
  • スペシャルゲスト 海老原 淳子 (vo)

PROGRAM
PART-1
(16:30~19:30)
大学Big Band Night
(演奏順)

慶應大学
K.M.P.New Sound Orchestra
(16:30 〜 17:00)

Roger Garfield

私たちは今年で創設58年目を迎える老舗学生バンドです。Count Basieの作品をはじめとするOld Swingから、Gordon Goodwinの作品などのBrandnew Soundまで幅広く演奏する、伝統と革新を兼ね備えたバンドです。昨年の山野BBJCでは5位日刊スポーツ賞を受賞するなど、意欲的に活動をしています。

曲目
1. Show Open〜Hit the Ground Running (Gordon Goodwin)
2. Blues in Hoss' Flat (Count Basie)
3. The Passage (Gordon Goodwin)
4. Race to the Bridge (Gordon Goodwin)

青山学院大学
Royal Sounds Jazz Orchestra
(17:00 〜 17:30)

Roger Garfield

私たち青山学院大学ロイヤル・サウンズ・ジャズ・オーケストラは、音の魔術師Gil EvansやJaco Pastorius、Electro Deluxe等の音楽を中心に演奏しています。一口にジャズと言ってもヒップホップやファンク、ロックなど幅広いジャンルの音楽をメンバー全員で楽しみながら日々練習に励んでいます。

曲目
1. Elegant People (Jaco Pastorius)
2. Havona (Jaco Pastorius )
3. Half Man, Half Cookie (Gil Evans)

立教大学
New Swingin’ Herd
(17:30 〜 18:00)

Roger Garfield

New Swingin' Herd は1966年に創立され、昨年50周年を迎えました。コンテンポラリージャズと呼ばれる現代的なジャンルのジャズを多く演奏しています。今年度は19人のメンバーで日々切磋琢磨しながら練習を重ねてきました。

曲目
1. Surge (Chuck Owen)
2. 4711 Special (Marshall Gilkes)
3. Windows (Chick Corea)


早稲田大学
Modern Jazz Club
(18:00 〜 18:30)

Roger Garfield

早稲田大学Modern Jazz Club(通称「ダンモ」)は1960年の創立以来、数多くのプロミュージシャンを輩出してきた伝統あるサークルです。コンボという少人数のスタイルで日々、幅広く演奏活動を展開しています。今回出演される司会者のバードマン幸田さん、増尾好秋さん、永武幹子さんをはじめとする数多くの先輩方がジャズ界の第一線で活躍されています。

曲目
1.Night Train (Jimmy Forrest)
2.Softly, As In A Morning Sunrise (Sigmund Romberg)
3.Chelsea Bridge (Billy Strayhorn)
4.Music Forever (Freddie Redd)

東京大学
Jazz Junk Workshop
(18:30 〜 19:00)

Roger Garfield

東京大学JazzJunkWorkshopは、東京大学唯一のビッグバンド・ジャズを演奏するサークルで、サックス、トロンボーン、トランペット、ベース、ピアノ等を基本の構成としています。活動はThad Jones and Mel Lewis Jazz Orchestra(通称サドメル)およびその後継バンドであるVanguard Jazz Crchestraを演奏しています。

曲目
1. Interloper (Thad Jones)
2. Tow Away Zone (Thad Jones)
3. Put It Right Here (Sammy Nestico)
4. Once Around (Thad Jones )

東京工業大学
Los Guaracheros
(19:00 〜 19:30)

Roger Garfield

ロス・ガラチェロスは東京工業大学に所属するラテンジャズビッグバンドサークルです。一般的なBigBandの演奏形態に、ロスガラではBongo Conga、Timbalesなどのラテンパーカッションを加え、熱い演奏をお送りしております。昨年の第48回山野ビックバンドジャズ コンテストでは第4位を受賞いたしました。

曲目
1. Tumbao Cubacao (Igort Rivas)
2. Grace (Raiph Irizarry )
3. Mambo Inn (Mario Bauza )
4. Festival de Ritmo (Dave Weckl )
5. It Goes Without Seeing That Blue Sky (Thema )

PROGRAM
PART-2
(19:45~20:30)
増尾 好秋
from N.Y.
“MAGATAMA”Night

増尾好秋は、日本の戦前ジャズの草分けでバンドリーダーだったジャズピアニスト増尾博の長男。早稲田大学Modern Jazz ClubのOBで、ニューヨーク在住の日本のギタリスト。ジャズ/フュージョンの分野で活動し、ソニー・ロリンズバンドのメンバーで長年活躍したことでも有名です。 "MAGATAMA"は増尾好秋が2016年に日本で結成したバンド。「このバンドでは僕の以前の曲を演奏する」というコンセプトではなく今の自分の気持ちに合った音楽に重きを置いて演奏することを目指しています。

Roger Garfield

増尾 好秋

Guitar

東京都中野区生まれ。日本ジャズ界の草分け的存在だったピアニスト増尾博を父に持ち、幼少の頃より音楽に親しむ。早大モダンジャズ研究会在籍中に渡辺貞夫グループの正式メンバーに大抜擢されてプロ入り。一躍スター的人気を博す。1971年にニューヨークへ渡り、モダンジャズの巨匠ソニー・ロリンズのバンドに通算6年間在籍するほか、リー・コニッツ、エルビン・ジョーンズなど数々の ビッグアーティストと共演し「世界のマスオ」として活躍。70年代後半から、初めて組んだ自己のバンドで次々とヒットアルバムを制作。人気を不動のものとする。感性のままナチュラルで伸びやかに歌うギター、幅広い表現力。その音楽性は懐が深い。ジャンルを超越したそのギタースタイルは、その後、多くの若手ジャズギタリストにも影響を与えている。自然体で飾らない人柄、人懐っこい笑顔に魅了されるファンも多い。85年よりニューヨークに本格的なレコーディングスタジオを所有し、知る人ぞ知る名プロデューサーとしても名を馳せる。スタジオでの仕事が忙しくなり思うように音楽活動できない時期が長かったが、2008年、スタジオ閉鎖により100%ギタリストに復帰し、演奏活動を本格的に再始動。同年に自主レーベルSunshine Ave.Label (masuomusic.com)を設立。レーベルから『Life is Good』, 『I'm Glad There Is You』を発表。現在もアメリカに在住しながら、日本にも頻繁に来て精力的に演奏活動を展開している。

Roger Garfield

永武幹子

Piano

千葉県船橋市に生まれる。 3歳よりクラシックピアノを始め、ヤマハ音楽教室で寄島清美、寺西誠各氏に師事。即興演奏や作曲を学ぶ。中学時代は法田中学校ブラスバンド部に所属し、トランペットを担当。全日本マーチングコンテスト全国大会に三年連続出場し、金賞を一回 銀賞を二回受賞する。早稲田大学入学後、同大学モダンジャズ研究会、ハイソサエティオーケストラに入り、ジャズに目覚める。ジャズピアノを清水くるみ氏に師事。大学入学当初は法曹志望だったものの、富樫雅彦・本田竹広等の日本ジャズや、フリージャズとの出会いをきっかけとして、プロのジャズピアニストの道に進む。 現在は自己のバンドをはじめとする様々なバンドで都内中心に演奏活動を行う。 2016年、植松孝夫グループ、鈴木勲OMA SOUNDに加入。増尾好秋MAGATAMA結成。これまでの共演者としては、林栄一、竹内直、酒井俊、藤井信雄、Akira Tana 他。(敬称略) また、ボーダーレスユニット"Mingle"のメンバーとして、全国各地に演奏活動の場を広げる。

Roger Garfield

塩田哲嗣

Bass

1969年8月8日生まれ。1992年頃からベーシストとして数多くのSession&録音に参加。1996年ニューオリンズで演奏活動。1997年帰国後、大坂昌彦(Dr)などのバンドで活躍。 2001年ニューヨークに再渡米。12年間のアメリカを拠点とした活動を開始する。2003年東京スカパラダイスオーケストラのNARGOと"SFKUaNK!!"を結成。全国bluenoteツアーやクアトロツアー等、精力的な活動を展開する。2005年メジャーデビュー。2005年よりプロデュースも本格的に開始し、NY在住中Vocalの"Bei Xu"をプロデュース。iTunes Musicなどのヒットチャートで1位を獲得。以降、数多くのプロデュース作品をリリースし続けている。2010年ボストンのバークレー音楽大学に入学、MP&E(ミュージックプロダクション&デザイン)とPerformanceのDual Majorで2014年5月に卒業。2014年6月より日本に活動拠点を戻し、ミュージシャン&プロデューサー&録音エンジニアとして活躍中。

Roger Garfield

北井誉人

Drums

1995年 奈良県生まれ。幼い頃母親の影響でカシオペアを中心に聴く。小学校の「音楽部」で打楽器と出会い、9才よりドラムを叩き始める。小中高校まで9年間の吹奏楽経験の後、国立音楽大学ジャズ専修に入学。神保彰、高橋徹に師事。18歳まではバンド歴がなく、人前で演奏することもなく一人で練習していた。師匠 神保彰の紹介で増尾好秋と出会い、セッションを通じてその資質を認められ、18歳にしていきなり増尾好秋トリオのメンバーとしてライブハウスに初出演。すぐさま増尾好秋のバンド(当時は「Power Spot」バンド)のレギュラーメンバーに抜擢される。増尾バンドでの演奏機会を得てさらにメキメキ進化中。


Roger Garfield

スペシャルゲスト
海老原淳子

Vocal

大学在学中にアニタ・オディを聞いてジャズに目覚める。故宮川泰に見出され、以前から好きだった歌でデビュー。その後、ピアノの弾き語りでも独自の世界をも築いていく。作詞や作曲・編曲にも力を入れ、増尾好秋氏のプロデュースのもとNYで録音したCD"Without You(2008)"、"I Wish 〜私の願い(2011)"を発表。共にサンシャインアベニューより好評発売中。日本人離れしたフィーリング、小柄な身体から発するパワフルでパンチの効いた歌声は、多くの人の心を捕らえてやまない。MAGATAMAではボーカルに加えて鍵盤ハーモニカなども演奏。